どのような仕事でも、ストレスがたまったり、人間関係で悩むことは珍しくないです。人間関係の悩みは、人と接する仕事の方が、多くなると言われています。人間関係のストレスが大きい職種の一つとして、高齢者のお世話をする介護があげられます。

人のお世話をする仕事には、いろいろなものがありますが、他の仕事と違ってストレスの質が違うかもしれません。仕事で接する相手は、体調が万全でないことが多いので、そこの違いを理解しておくことが大事です。利用者の体調が万全でないため、身体が思うように動かないことから、感情的になることもあるかもしれません。感情的な相手と接することもあるため、ストレスがたまることもあるでしょう。

仕事でストレスがたまった時は、自分なりの解消法をもつようにしてください。小さなストレスも、それが積み重なれば精神的にも肉体的にもよくないです。そのため、上手にストレス解消をすることが、必要になってきます。自分なりのストレス解消法がわからない人は、周囲の人に聞くなどして見つけてみてください。仕事でたまったストレス等を自分なりの方法で解消すれば、仕事も気持ちよく進められるでしょう。

仕事の苦労を誰かに話すだけでも、凄く楽になります。ちょっとしたことでもいいので、自分の気持ちは積極的に吐き出すようにしましょう。ただ、愚痴を言う時は相手を選ぶことが重要です。職場の人に愚痴を言うと、噂になる可能性が高いので注意しましょう。内側に溜め込み過ぎると、自分の体調を崩してしまい大変です。介護でのストレスや苦労と上手に付き合うためにも、自分なりのストレス解消法を見つけるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です